43歳 アレルギー肌なので、その点は注意したい

元々とても肌が弱く薄いことと、国産ファンデーションが合わないくらいの白肌です。

 

若い頃から日焼けには気をつけてきましたが、やはりシミはできてくるものですし、肌の弱さが仇になって、肌荒れやかぶれ、傷痕などがシミとして残ってしまうようになりました。

 

大きなシミやそばかすはないのですが、細かいシミと色ムラ、くすみが何よりも気になり、ファンデーションの色が合わないこともあって、肌色の調整がとても難しいです。

 

かぶれやすいため、出来る限りファンデーションは薄くしたいのですが、カバー力がないと色むらやくすみが目立ち、厚塗すれば色の差が目立つという悩みがあります。

 

敏感肌対応の美白コスメも国内外問わず色々使用してきましたが、外資系のものは刺激が強く国内のものは色が合わない。
基礎化粧品はどうしても価格が高くなるため、惜しみなく使うということが難しいということがいえます。

 

ケチらずに長く使用すれば効果があるのかもしれませんが、なかなか余裕がないのが現実ですね。
かといって、プチプラのものでは乾燥してしまったり効果が実感できないので、結局のところ満足するものには出会えていません。

ポーラホワイトショットは好感が持てます

美容液とクリーム、サプリメントというラインナップが面白いと思いました。

 

大抵の場合、化粧水・乳液・美容液・クリーム・パックとライン使いを勧められることが多いですから、ピンポイントの美白化粧品なのだな。という印象です。

 

価格は決して安価とは言えませんが、美容液やクリームと考えれば、10万円を超えるものもあるくらいですし、リーズナブルと、まではいかないまでも許容範囲のお値段だと思います。

 

また、それぞれ容量の違うものが用意されていたり、リフィルがあることも高感度は高いです。

 

化粧品はリピートする度にパッケージがもったいないと感じていましたので、リフィルはエコですね。

 

商品コピーにもある「まっさらに輝くような肌」や「透明感のある肌」という点にはとても惹かれます。
シミよりもくすみや色ムラが悩みですから、透明感に特化した化粧品にはとても興味があります。

 

サプリメントもラインナップに組み込まれていることも、肌の表面からだけではなく、体の中からもケアするということに好感が持てますね。

 

これは体質なので仕方がないことですが、唯一アレルギーが出ないかどうか、肌に合わないのでは?ということが心配な点です。